ハーブバターの作り方

ハーブが元気に育つ春から初夏にかけては、葉がやわらかく、香りも豊かなフレッシュハーブがおいしい季節です。

今日は、フレッシュの魅力を存分に生かしたハーブバターの作り方をご紹介します。

ハーブバターは、1~数種類のハーブをバターに練りこむだけで簡単に作ることができ、さまざまな料理に活用できて重宝しますよ。

4月のキッチンハーブの会で、ハーブバターをパンに添えてお出ししたところ好評だったので、作り方をシェアしますね!

 

ハーブバター

材料
・無塩バター       100g
・フレッシュハーブ ※  大さじ1~2
・塩           小さじ1/2
・ブラックペッパー    少々
・レモン汁        小さじ1/2
・にんにく(お好み )    1/2片

※ハーブは、お好みのハーブで大丈夫です。
例えば、ローズマリー、タイム、セージ、オレガノ、ディル、チャイブ、チャービル、タラゴン、イタリアンパセリなどから1~数種類。
特にローズマリー、タイムは茎の柔らかい新芽の部分を摘み取って、葉を茎からしごいて使いましょう。
ハーブを育てていない、という方はスーパーの野菜コーナーに売っているハーブ類、パセリなどを利用してくださいね。1種類でもOKですよ。茎は使わないで、葉の部分を使いましょう。

作り方
①バターを室温でやわらかくしておきます。

②ハーブは洗って水気をていねいにふき取ってください。Point!

ハーブをみじん切りにし、レモン汁をふりかけます。

③②のハーブとすりおろしたにんにく、塩、こしょうを①のバターに合わせ、よく練り混ぜます。

④よく混ざったら器に入れる、またはラップで棒状に包み、冷蔵庫で固めます。

( 2~3日冷蔵して味を馴染ませましょう) 

保存
冷蔵で1週間程度、冷凍で1か月程度とお伝えしつつも・・・
実際のところ、私はもっと長く保存して使っています^^
棒状のハーブバターはカットして保存バッグに入れておくと、必要な時にすぐに使えて便利です。Point!

使い方
・ベークドポテト、オムレツなどに
・ソテーやムニエルなどの香草焼きに
・パンに塗ってトースト

ハーブやにんにくの風味が加わることでリッチな味わいに!また有塩バターよりも減塩できますよ。

是非お試しくださいね ♡

参考:素材との相性
お肉に・・・ローズマリー、タイム、セージ、パセリ、オレガノなど       
魚介に・・・ディル、フェンネル、パセリ、タイム、タラゴン など
トマト・卵・チーズ゙に・・・パセリ、バジル、チャイブ、チャービルなど

LINE公式アカウントにご登録いただきますと、レッスン案内やハーブお役立ち情報を受け取ることができ、見逃す心配がありません。

ご希望の方は、↑こちらを押してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です